Accel VR Community 2022 X5

AccelVRでの基準フレーム

Accel VRで使用されている5つの基準フレームは以下の通りです。

  • ワールドフレーム

  • シャトルフレーム

  • トラッキングフレーム

  • ヘッドフレーム

  • デバイスのフレーム(右手または左手)

ワールドフレームはデータベースで使用されているフレームです。原点は、Accel VR Pilotに表示されるグリッドの中心です。

シャトルフレームは以下のスキーマで表示されます。ルームの中心にシャトルフレームの原点を設定することをお勧めします。その軸は、X軸およびY軸がメインウィンドウ(正面ウィンドウ)の平面と同一線上にあり、Z軸が直行するように配置されます。

トラッキングフレームとシャトルフレームは、設定アシスタントの推奨事項に従ってトラッキングシステムがキャリブレーションされたときに重なり合います。

image8.jpeg

シャトルと基準のトラッキングフレーム

ヘッドフレームはヘッドマニピュレータによって制御されます。

  • 追跡メガネ付きのCAVEを使用する場合、その原点は追跡ターゲットの重心またはその1つにあります。トラッキングソフトウェアでは、X軸が右(メガネ越しに)にあり、Y軸またはZ軸が垂直(追跡システム全体の垂直方向)になるようにフレームの方向を配置することが非常に重要です。左右の瞳孔の中心位置はその原点を基準に定義されます。

  • VRヘッドセットを使用している場合、この基準フレームは、ヘッドセットソフトウェアによって提供されます(HTC VIVE®または Oculus Rift®)。ストリームVRルームのキャリブレーション手順に従ってください。

  • zSpaceを使用している場合は、製造元のVR メガネのキャリブレーション手順に従ってください。