Accel VR Community 2022 X5

インターフェイスの説明

Accel VR パイロットは、Accel VRシステムのオペレータで使用されるコマンドポストです。オペレータは、Accel VRパイロットから没入型環境におけるシステム設定の調節、接続の確立と管理、レンダリングオプションの選択、データベースとモデルの読み込み、ユーザー監視の処理を実行できます。もし、別のプリセットに変更したい場合は、高度なシステム構成の項を参照してください。

標準インターフェース

Accel VRインターフェースは以下の3つの異なるエリアで構成されています。

Accel VR Standard User Interface

Accel VR Pilotのインターフェースで、サイドの設定パネルを展開した状態。

ビュー

image10.png: ビューは、シーンの内容が表示される可視化スペースです。

このスペースは、リモートコントロール画面として機能します。このため、リモートオペレータは、1対1の拡大率のメイン可視化デバイスを操作するオブザーバの位置にいなくても、この3Dシーンにあるカメラを操作できます。

ヒント

Ctrl+Spacebarを押すと、マウスのカーソルがある部分に対象の中心を設定します。フォーカスは、ビューの中心に自動的に再配置されます。

設定サイドパネル

設定サイドパネル、ツールバー、設定タブにあります。

BulletB1.pngツールバーは以下を可能とします:

  • image13.pngAccel VRユニットでレンダリングを実行するためのAccelVRユニット接続を有効化/無効化します。

  • image15.pngパイロットの視点でシーンをVRで表示します。

    • image16.pngオペレーターの視点で、VRのシーンを表示します。

    • Headless_NRM.pngビュー内のシーンを非表示にします。これは、コンピュータのリソースを節約する場合に有効です。

  • image1.pngソフトウェアに関する様々な情報を提供します:バージョン番号、ユーザーマニュアル、ライセンス変更、バージョン変更、ライセンス契約など。

  • image57.pngを表示します高度なシステム構成

コンフィギュレーションタブ

BulletB2.png:デジタルアスペクトモデル(DAM)のインポート、オープンインポートしたプロダクトのナビゲーションを行うことができます。

タブは、頻繁に使用するツールの設定に簡単にアクセスできす:

  • デジタルアスペクトモックアップ(DAMs)、

  • 環境内の1つ以上のDAMの配置、

  • 環境、

  • メインコンピュータ(パイロット)によるシーンのレンダリング、

  • リモートレンダリングユニット、

  • 他の没入型デバイスとの同期。

簡易インターフェース

注記

Accel VRの新機能2022

Accel VRは設定用のサイドパネルを縮小してcollapse.pngモデルの主要な設定ツールを自由に使用できるようにしながら、ビューを最大化することができます。

ViewportSimplifiedView-default.jpg

Accel VRの設定パネルの縮小

ヒント

簡易インターフェースは、VRタブでプリセット簡易を直接選択するかシステムの詳細設定から起動することができます