Accel VR Community 2022 X5

没入型3Dワールドとのインタラクション

このセクションでは、Accel VR パイロットのインターフェイスまたはVSNプレーヤーを使用することなく、没入型環境でユーザーに提供されている没入型環境の人間工学について説明します。

没入型の感覚の構築

以下のような複数の要素を組み合わせてユーザーの没入型感覚が構築されます。

  • システムキャリブレーション、

  • シャトルの位置、

  • トラッキングデバイスの使用、

  • 使用するデータベースの適切な準備。

没入型環境のユーザーは、仮想世界の地面として認識される足の位置に特に敏感になります。地面の高さに探査シャトルを配置して、ユーザーの足の位置が仮想の地面と同じ高さになるようにします。

カメラアニメーション

データベースで使用できる場合、カメラアニメーションを使用して複数の方法で没入型感覚を強化できます。構築しようとしている体験に従って、さまざまなロックやカメラアニメーションオプションが必要です。

インタラクションデバイス

さまざまなデバイスが、没入型環境との相互作用を促進することにより、没入感を向上させます。

Fly StickやVICONのApexなど、仮想世界とのインタラクションを可能にするデバイスを没入型システムに追加することができます。これらのデバイスを使用すると、仮想レーザー光線を使ってサーフェイスが示されます。有効なインタラクションモードに応じて、デバイスのボタンを使用して、表示された表面や物体とインタラクションできます。

これを可能にするためには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

  • まず、インタラクティブコンポーネントをPatchwork 3Dで正しく設定する必要があります。

  • 位置のトラッキングシステムおよびユーザーの頭の向き。

  • 1つまたは2つのトラッキング機能付きのインタラクションデバイス(右手または左手)。

ヒント

ゲームパッドなどのデバイスが追跡されていない場合は、[システムの詳細設定]の[マニピュレータ]タブの[ ゲームパッドの操作]を使用してください。次に、インタラクションデバイスをヘッドトラッカーの40cm下に配置するように定義できます。これにより、大人のユーザーがお腹の高さで保持しているかのように配置されます。