Accel VR Community 2022 X5

CAD Tools

CADツール管理

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

CAD Toolsプラグインを使用すると、サードパーティのCADソフトウェアから3Dモデルをインポートし、VRで変形、回転、移動、または曲線の追加を行うことで、モデルと直接対話できます。その後、変更をサードパーティのCADソフトウェアにインポートして戻すことができます。

  • 環境管理

    インタラクティブメニューに表示する為に、ここでマテリアルが格納されているフォルダを選択します。

  • 共通パーツ管理タブ

    このタブでは、インタラクティブメニューに表示される共通パーツが配置されているフォルダを指定します。詳細については、共通パーツ・ライブラリを参照してください

  • マテリアル・アサイン管理タブ

    このタブでは、インタラクティブメニューに表示されるマテリアルが配置されているフォルダを指定します。詳細については、マテリアル・アサインを参照してください。

    インタラクティブメニューで 選択フレームの色 を変更したり、画像の 選択フレームの幅 を変更することもできます。

    詳細については、マテリアルの割り当て の章を参照してください。

  • 画像管理

    このタブでは、インタラクティブメニューに表示されるイメージが配置されているフォルダを指定します。

    画像の 境界線の色境界線の太さ を変更することもできます。

  • データ管理タブ

    操作はTimelinesと同様です。具体的には、モデルの複数のプレビューをスナップショットで保存し、”image79.png”ボタンをクリックして3Dソフトウェアにエクスポートすることができます。マイナスボタン”image80.png”でスナップショットを削除します。

  • オプションタブ

    部品を移動するときに使用する単位をこのタブで設定します。たとえば、Move part のインタラクティブメニューには、サーフェスを移動するための単位があります。[オプション]タブでは、部品を移動するための移動単位と回転係数を調整できます。