Accel VR Community 2022 X5

インタラクティブメニュー

ヒント

インタラクティブメニューの操作モードは、使用するデバイスと、片手(ゲームパッド、CELLARのApex、zSpaceスタイラス)または両手(HTC VIVE®、Oculus Rift®、およびHP Reverb)を使用できるかどうかによって異なります。

PieMenuシステムの使用

2つの設定オプションが可能です。

  • インタラクティブメニューとインタラクションを同じVR コントローラーに割り当てる。

  • VR コントローラー(右または左)にインタラクティブメニューを割り当て、もう1つにインタラクションを割り当てる(右または左)。

以下であらかじめ設定したボタンや軸(トリガー、スティック)を使用しますPieMenuバインディングタブ詳細システム設定 (パス:image41.png > パイロット > インタラクション > PieMenuシステム > PieMenuバインディングタブ):

  • 次のインタラクションに移行する、

  • 前のインタラクションに移行する、

  • オプションを選択する、

  • インタラクションを開始する。

注記

ゲームパッドのボタンまたはVRヘッドセットの1つ以上のコントローラにインタラクションを割り当てる操作方法を参照してください。

MoveNActシステムの使用

MoveNActメニューの操作は両手で使用するために設計されています。

瞬時割り当てを使用すると、同時に複数のインタラクションを組み合わせることができます。詳細については、章のタブを参照して下さい。

どのメニュー(PieMenuまたはMoveNAct)を選択しても、考えられるすべてのインタラクションが存在します。

メニューの中から、以下の機能を選択します。

image91.png設定

フローティングメニューで使用できるオプションは次のとおりです。

  • 類似した製品を適用する(オン/オフ)

  • サイクルブックマークサイクル(オン/オフ)

image92.pngアニメーション

[逆再生]機能がオンの場合は、インタラクションするとアニメーションが逆再生モードで再生されます(アニメーションは最初の状態に戻ります)。

詳細については、アニメーションセクション。

image46.png対象

[対象]を使用すると、スライドプレゼンテーション中に使用するレーザーポインタのように、関心を引く必要がある領域を指すことができます。

詳しくはインタレストポイントの管理の章を参照してください。.

image93.pngワールドをグラブ

[ワールドをグラブ]を使用すると、VR コントローラーを使用してワールドを動かすことができます。

フローティングメニューで使用できる機能は以下の通りです。

  • 高さをロック(オン/オフ)

  • 水平位置をロック(オン/オフ)

image48.pngスポットライト

インタラクションデバイスは、モデルの影の付いた部分を照明するスポットライトとして機能します。暗い部分に向けると光が当たります。

フローティングメニューで使用できる機能は以下の通りです。

  • 色(白、暖色、寒色)

  • 光線の半径(小、中

image51.pngスナップショット

このインタラクション機能を使用すると、オペレータの視点からVR のシーンのスナップショットを撮影できます。

構成等の詳細に関してはスナップショット管理セクションを参照してください。

image94.pngターンテーブル

VRのターンテーブルは、パイロットビューと同じ動作になります。詳しくはターンテーブルの章を参照してください。

image95.pngターゲットナビゲーション

ターゲットナビゲーションを使用すると、液浸装置のジョイスティックを使用して、シャトルが回転する場所をターゲットにすることができます。

フローティングメニューで使用できる機能は以下の通りです。

  • 回転の方向(時計回り反時計回り

  • 回転の速度(低速中程度高速

QuickBookmarks.pngクィックブックマーク

注記

Accel VRの新機能2022

クイックブックマークは、前の観察者が最後に記録した位置に再度観察者を再配置することができます。この機能は、VR空間内を動き回る際に、最後に記録した位置を探すのに非常に便利です。

フローティングメニューで利用できるオプションは:

  • 保存VR環境におけるオペレータの現在位置。

  • 復元最後に記録された位置。

Touch_interaction.pngタッチアクション

注記

Accel VRの新機能2022

警告

有償オプションであるTouchActionプラグインでのみ利用可能です。

タッチアクション は、アニメーションや設定のトリガーがあるDigital Appearance Mockup(DAM)プロダクトのサーフェスとインタラクションすることができるようにします。これらのトリガーは、事前にPatchwork 3D(ライブモード)で設定されている必要があります。

トリガーを起動するには、トリガーがある面に手(右または左)を近づけると、手が指を向けてインタラクションが可能であることを知らせ、ローディング時間が表示されます。充電時間を待つと、トリガーの起動が完了します。ローディング時間image57.png システムの詳細設定 > タッチインタラクションプラグインで設定可能です。

注記

デジタルアスペクトモックアップ(DAM)は、事前にPatchwork 3Dでインタラクショントリガーが準備されている必要があります。

アバターハンドを使用してプロダクトと対話する事をお勧めします。詳しくは、こちらでアバターハンドの使い方が説明されています。

image96.pngパーツ選択

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

パーツを選択すると、次の機能と直接相互作用する複数のパーツを選択できます: パーツの移動変換のリセットFFD変形

image97.pngパーツ移動

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

パーツ移動は、デバイスのトリガーでサーフェースをつかんで移動できます。

image98.png

パーツ移動インタラクション・パネル

アイコン

定義

説明

image49.png

翻訳する

選択したX、Y、Z軸に応じた平行移動でサーフェスを移動します。

image50.png

回転

選択したX、Y、Z軸に応じてサーフェスを回転します。

5 °

チルト回転

予め設定した角度でサーフェースをチルト回転します。

image99.png image100.png

増減

サーフェース位置を増減します。

フローティングメニューで使用できる機能は以下の通りです。

  • X固定(On/Off)

  • Y固定(On/Off)

  • Z固定(On/Off)

  • 向きの固定(On/Off)

移動リセット

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

この機能を使用すると、選択したサーフェスをファイルを開いたときの状態に戻すことができます。

image101.pngカーブ編集

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

このパネルでは、3Dソフトウェアのファイルにエクスポート可能な曲線を作成および編集が可能です。

image102.png

Curve edition interactive panel

機能性

アイコン

定義

説明

image103.png

image100.png

加算

曲線を追加

image99.png

削除

カーブを削除

image104.png

全カーブを消去

全カーブを消去。

image105.png

カット

カーブを切断

image106.png

接続

2つのセグメントを接続

image107.png

image100.png

加算

カーブに点を追加

image99.png

削除

カーブの点を削除

image49.png

移動

選択した点の移動

image108.png

フリー・カーブ

フリー・カーブ

制限無くカーブを作成

サーフェース上

サーフェース上

選択したサーフェースに沿ったカーブを作成

自動交点

選択して移動

2つのカーブの交点を選択

両方のカーブに新しく点を作成

image109.pngプロダクトの表示/非表示

この機能は、プロダクトの表示/非表示を設定します。シーンで有効です。

image110.pngサーフェースの表示/非表示

サーフェスを個別に表示または非表示にします。

表示を維持するサーフェースは、緑色のワイヤーフレームで表示されます。赤色のワイヤーフレーム表示は、この機能を終了した時点で、非表示となるサーフェースを意味します。

image111.pngFFD変形

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

FFD変形 (自由形状変形)パネルでは、Autodesk Maya®のようにFFD変形を適用することにより、1つまたは複数のサーフェスのジオメトリを変更できます。

image112.png

FFD Deformation panel

機能性

定義

説明

image113.png

の増減額

X軸の分割数の増減

image114.png

の増減額

Y軸の分割数の増減

image115.png

の増減額

Z軸の分割数の増減

image108.png

ミラー・オフ

オブジェクトを変形すると、サーフェス分割数が対称的に複製(Onに設定した場合)。

リセット

全ての変形をリセット。

image116.pngマテリアル・アサイン

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

この機能を使用すると、予め登録しておいたディレクトリツリーからマテリアルを選択して、そのマテリアルを指定したサーフェースに割り当てることができます。サーフェスが複数選択されている場合、選択されているすべてのサーフェスに同じマテリアルが設定されます。詳細はCADツール管理の章を参照してください。

image117.png共通パーツ・ライブラリ

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

この機能を使用すると、事前に設定したディレクトリツリーからモデルを追加する事が出来ます。詳細はCADツール管理の章を参照してください。

image118.pngイメージ

警告

CADツールオプションライセンスでのみ使用できます。

この機能を使用すると、3Dモデルを画像と比較するためのドローイング・テンプレートとして使用するために、画像(画像、スケッチなど)を表示できます。事前に設定したディレクトリツリーから画像を呼び出します。詳細はCADツール管理の章を参照してください。