Patchwork 3D Community 2022 X5

元に戻す/やり直しメカニズム

元に戻す/やり直しの回数設定(エディタ) は、その時点における特定の操作を元に戻すまたはやり直すことができる操作の数を定義します。数値を増やすと、より多くの情報がメモリに保存されます。保存される操作数に制限はありません。ただし、保存された操作により、大量のメモリが使用される可能性があります。通常、操作数は20回あれば十分です。

元に戻す/やり直し操作は、P3Dデータベースには保存されません。データベースをロードする場合、前の編集セッション中に実行された操作を元に戻すことはできません。

  • 編集 > image23.png元に戻すまたは編集 > image24.pngやり直し:保存した操作を元に戻すかやり直します。

  • ファイル > P3Dの操作履歴の破棄:アプリケーションで前の操作を元に戻すために使用されたすべての情報のメモリを破棄します。この操作は大量のメモリを開放し、次の保存時にファイルの容量を大量に削減します。

  • 編集 > モジュールの操作履歴の破棄:現在のモジュールの元に戻す操作のみを破棄します(ShaperまたはMatter)。